« 抗うつ剤 12種類で攻撃性が高まる恐れ | トップページ | 日頃の感謝を込めて 敬老の日 おすすめセット »

2009/08/27

精神疾患 血液で判断 サイトカインで

Nayamu01 精神疾患 血液で判断 サイトカインで

うつ病や統合失調症などの精神疾患を判定できる血液中の分子を発見、血液検査に基づく判定法を確立。問診や行動観察が主流だった精神科診療で、客観的な数値指標を診断に取り入れることができる。
疾患の判定だけではなくストレスの強度や回復程度もわかるという。

ストレスや感染などを受けて、生成し分泌されるたんぱく質「サイトカイン」の血中濃度データの差異を積み上げて分析。データをパターン化することで、心身の変調やうつ病、統合失調症などを判定できる。うつ病や統合失調症について3000人近くのデータから疾患の判定式を作成。別の400人の診断に用いた結果、うつ病の正診率は95%、統合失調症は96%に。

 精神疾患の判定だけではなく、健常者に対するストレスの強度、疲労からの回復スピードも数値化。
ストレスを受けたか100%判別することに成功し、ストレスの強度を数値で評価できる方法も。

血液検査をすることで潜在的なうつ病を発見できたり、うそをついて病気だと騒ぐ人も区別ができるようになりそうですね。
会社等の健康診査でわかりにくいうつ病を発見し、早期治療に役立てることもできるようになるかもしれません。

飲むだけでこころすこやかに 38種類のフラワーレメディ

FortuneCafe 宮里砂智子

|

« 抗うつ剤 12種類で攻撃性が高まる恐れ | トップページ | 日頃の感謝を込めて 敬老の日 おすすめセット »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事