« 今日は何の日? 終戦記念日 | トップページ | うっかり日焼けを早く治すには »

2009/08/15

夏休みに急増する危ない人達

Pc08 夏休みに急増する危ない人達

SNS(mixiやgreeなど)に接する時間も増える夏。
SNSだから大丈夫!と安心しきっているととんでもない事件に巻き込まれてしまう危険性も…

先日mixiを介して出会った女性が横須賀市に住む男性に恐喝され、お金を脅し取られた事件がありました。
この男性は他にも同様に恐喝をしていたとのこと。
また報道されていないような事件も多数耳にしています。
(DVデート、不良に絡まれる、連れ込まれそうになった…など)

危ない人達と関わらないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

それにはまずネットの危険性について考えてみましょう。

相手がわかりにくい
リアルで知っているならともかく、文字が中心のコミュニケーションだけになってしまうと、相手がわかりにくいことは確かです。
人によっては性別、年齢、住所を偽っている人もいるので、プロフィールに書かれていることだけを真に受けたりしないように。

写真も本人でない場合も
写真が掲載されている場合がありますが、業者の宣伝のように女性の写真をつかい、かわいらしい文章をちりばめ、さも女性ですといわんばかりのプロフィールに、メッセージは別のコミュニティやSNSへ来て、という類は男性業者の手口のひとつ。
かっこいい!と思っても別の誰かの写真ということは充分にありえます。
チャットで自分自身をジャニーズ系のカッコイイ顔だと自慢していた人がいましたが
Webカメラで見せていただいた顔は非常に残念なものでした。
実際会おう!なんて言われたら、彼どうするんでしょうねぇ…
そうしたことがないためにも、嘘はつかないほうがいいと思いますよ。

ネットの世界も人間関係は現実と同じです
インターネットは特殊な世界と思われがちですが
(すぐに友達や恋人ができると思い込んでいる人がいます)
現実の人間社会と変わりがありません。
ネットと言っても普通に出会って会話をするのと変わりはありません。
失礼な言葉には腹が立つし、売り言葉に買い言葉でけんかになることもあります。
パソコンの前にいるのは人間です。
そのことを常に心に置いて、コミュニケーションをはかるようにするといいでしょう。

危険な人物の見分け方は…インターネットに潜む危険な人達 を参考に。

FortuneCafe 宮里砂智子

|

« 今日は何の日? 終戦記念日 | トップページ | うっかり日焼けを早く治すには »

占い」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事