« 2008年の出生率は1.37 | トップページ | 教育 中高一貫校、370校に増加 »

2009/09/08

2割の人がセカンドオピニオン

Doctor01 2割の人がセカンドオピニオン

医療機関を受診した人の約2割が、医療機関に不満を感じた時に主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めた経験があることが、厚生労働省が7日公表した「受療行動調査」で分かりました。
医師や患者相談窓口に相談した患者の過半数は「役に立った」と感じたが4人に1人は不満があっても誰にも相談していませんでした。

セカンドオピニオンとは
セカンド・オピニオンとは、直訳すれば、第二の意見ということです。具体的には、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見をいいます。
医師からインフォーム(説明)を受けても、情報も知識もない患者や家族にとっては治療法の決定をできなかったり、不安を覚える場合もあります。だから知識を持っている人=専門医に相談し、意見を聞くことがセカンドオピニオンなのです。

過去5年間に、医療機関への不満で相談した経験があった患者は53%。
このうち71%は主治医に不満を告げ、62%は家族や友人に相談。
セカンドオピニオンを求めたのは全体の19%で、不満があった患者の中では37%が利用。
自治体の医療安全支援センターや医師会などの第三者機関は、不満があった患者のうち4人に1人が使っていた。

「相談して役立った」と感じた相手は
▽主治医(75%)
▽家族・友人(61%)
▽相談窓口などの医療機関スタッフ(56%)
▽別の医師(51%)
の順に高かったです。
また、患者全体の12%は不満を感じたことがなかったが、23%は不満があっても相談していないと回答しています。

医療機関に対する満足度は、外来患者の58%、入院患者の66%が「満足」と答え、05年の前回調査より1割程度増えました。外来の診療時間は「3分未満」が16%から14%に減って少し長くなったが、待ち時間も「30分以上」が44%から50%に増えました。

より良い専門医を探して・・・
病医院&お医者さん検索 e-doctors-net.com
いい医者は薬剤師に聞け!
いい医者・いい病院の見分け方

FortuneCafe 宮里砂智子

|

« 2008年の出生率は1.37 | トップページ | 教育 中高一貫校、370校に増加 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事