« 痴漢防止 電車内にカメラ 警察庁 2010年に研究会 | トップページ | FortuneCafeRadio 2009年9月号 2009夏休み編 »

2009/09/01

職場のうつ病 治る希望を持たせて

Work_tukin 職場のうつ病 治る希望を持たせて

職場結合性うつ病 とは
職場や社会が厳密性やスピードなど完全主義を求めるために「強いられる」うつ病
不合理感や攻撃性を伴うことが多い
不安や焦燥感・パニック障害からうつ病が発覚するケースも

うつ病が長引きやすい背景
ゆっくり休むゆとりがない
入院後の職場復帰の心配
家族や会社からのプレッシャー

こうしたうつ病にかかっている人は治る希望を持ち、治療にあたることが大切です。
困難な状況を跳ね返す力を引き出し、前向きな方向性を持つこと。

神経症の段階では仕事を続けた状態での職場調整や睡眠導入剤の処方
精神病の段階ではストレスケア病棟などへの入院や休職、職場調整や就労デイケアの関与などがされているようです。

会社に大切な人材をうつ病で失うことは大きな損失です。
社員に気を配れるような会社にすることも大切ではないでしょうか。

復職のプロセスで「心の病」が減少
38種類のフラワーレメディ 飲むだけでココロすこやかに


FortuneCafe 宮里砂智子

|

« 痴漢防止 電車内にカメラ 警察庁 2010年に研究会 | トップページ | FortuneCafeRadio 2009年9月号 2009夏休み編 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事