« 相手に負担にならないメール返信の催促の方法 | トップページ | 嘘をつく大人たち »

2010/05/05

両親のDV目撃した子供、脳の発達に悪影響

両親のDV目撃した子供、脳の発達に悪影響

子どもの頃に両親の家庭内暴力(DV)を見て育つと、脳の発達に悪影響を及ぼすことが、研究で分かった。
児童虐待防止法では暴力を目撃することも心的外傷を与えるとして児童虐待に当たるとされており、医学的に裏付けられた。
3~17歳時に自身は虐待を受けず、日常的に父親が母親に殴るけるなどの激しい暴力をふるう姿を目撃した18~25歳の男女15人と、虐待のない家庭で育った33人を選び、MRI(磁気共鳴画像装置)で比較した。
その結果、目撃経験者は目からの情報を処理する右脳の「視覚野」の容積が、目撃したことのない人に比べ平均20・5%も小さいことが分かった。
視覚野の血流量を調べると、目撃経験者の方が8・1%も多く、これは神経活動が過敏になっている特徴だという。
学力や記憶力も調べたところ、目撃経験者の方が低い傾向が出た。

家庭内暴力は子供の発達によくない影響を与えます。

傷ついた心をヒーリングするには・・・

フラワーレメディ ハニーサックル
●こんな方に
・過去の思い出にひたって懐かしたり、「ああすれば良かった」と後悔したりしてしまう。
心が過去に逃避する。
・過ぎてしまったことをいつまでも引きずり、今を十分生きることができない。
トラウマに苦しめられている

●飲んだ後に期待できる効果
・過去の経験や体験を乗り越え、過去にしがみつかずに、今という現実を十分に生きていけるようになる。


大人になりきれないインナーチャイルドがあなたに与える人生への影響

悩み相談 占い 開運アドバイス
占い師 宮里砂智子

|

« 相手に負担にならないメール返信の催促の方法 | トップページ | 嘘をつく大人たち »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事