« 今年の秋は蚊ゆい秋 | トップページ | CLOSE UP TALK掲載 月刊MISTY(ミスティ)10月号 »

2010/09/16

夏の疲れを解消する方法

Nayamu01 夏の疲れを解消する方法

だるい、疲れが取れない・・・涼しくなり秋になったと思う頃から夏ばてをひきずっているような症状に悩んでいませんか。

原因と対策

原因
暑さで食欲不振から起こる栄養不足
スタミナ不足で体力が続かない
冷たいものの食べ過ぎで、胃腸が弱っている
冷えた室内と暑い外の温度差で、自律神経の乱れ
冷えた室内にいることで体が冷え、血行不良になり、様々な症状に悩まされる(肩こり、むくみ、だるさ、など)

対策

疲労回復にビタミンB1を。
豚肉、うなぎ、レバーなどスタミナがつくイメージの食品に多いのですが、わかめや豆腐などさっぱりしたものにも多く含まれています。
胃腸の調子でメニューを考えて食べましょう。
足りないならサプリメントで補いましょう。
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!


疲れの原因の乳酸を取り除く クエン酸・酢酸
かんきつ類、お酢などに多く含まれています。
酢ドリンクなどもおすすめ。
欧米で人気のボイセンベリー。酢てきスタイル(36本)

温かいものを
冷房のきいた室内にいる人は体が冷えてしまっています。
しょうが、ねぎなど体をあたためるものを。
冷たいものを控えて温かい食べ物・飲み物にしましょう。
おいしい!えらい!しょうがレシピ

シャワーではなく入浴を
夏場はシャワーで済ませてしまいがちですが
血流が悪くなってしまいます。
半身浴などで体を温めてあげましょう。
ゆったりたっぷり♪読書×半身浴の充実バスタイムはいかが?バスブックスタンド
ホームスターアクア 【HOMESTAR AQUA】 ホワイト 家庭用プラネタリウム バス用品

睡眠を充分に
暑さで寝苦しい、冷房で冷えて目が覚めるなど
睡眠の質が悪くなってしまうと疲れが残ってしまいがち。
眠る時間の30分-1時間前には布団に入り
間接照明やアロマランプなどで眠りやすい環境を整えて。
LED キャンドルライト Cuore(クオーレ)
消すときはキャンドルと同じ・・・
★寝ながらエステも出来る本格派!ミストの量が圧倒的♪アロマディフューザー

占い師 宮里砂智子

« 今年の秋は蚊ゆい秋 | トップページ | CLOSE UP TALK掲載 月刊MISTY(ミスティ)10月号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事