« 電子書籍で100万冊販売 | トップページ | 働かないなら出ていけ、と母親に言われカッとなって刃物を振り回し立てこもり »

2011/06/23

子どもの寝不足、脳に影響 発達障害

Keitai_kodomo01 子どもの寝不足、脳に影響
発達障害研、ラットで証明

愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所(同県春日井市)は2011年6月21日、乳幼児期の不規則な睡眠が原因で脳内の脳由来神経栄養因子(BDNF)というタンパク質の分泌リズムが崩れ、脳の発達に支障が出ることをラットの実験で証明したと発表。

研究員は
「ヒトでも乳幼児期に早寝早起きの規則正しい生活をしないと、脳に障害を起こす危険性がある」と指摘しています。

小学校生活でつまずかないしつけと自立
こうすれば成績がよくなる
親で決まる!キレない子どもデキる子どもの育て方
早起き早寝朝ごはん
保護者もいっしょ・生活リズム改善ガイド

オムロンねむり時間計 HSL-001-W ホワイト

相談お待ちしています
占い師 宮里砂智子

|

« 電子書籍で100万冊販売 | トップページ | 働かないなら出ていけ、と母親に言われカッとなって刃物を振り回し立てこもり »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

占い」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事