« 育児休業を取る人が減っている | トップページ | スピード婚が破滅に向かってしまう理由 »

2011/07/19

事故後の保険料、実質値上げへ 自動車保険制度を見直し

Caraudi01 事故後の保険料、実質値上げへ
自動車保険制度を見直し

損害保険各社は2012年以降、交通事故を起こしたドライバーの翌年度以降の自動車保険料を実質的に値上げする方針を固めました。

等級で決めている保険料の割引制度を見直す

高齢者の事故増加や若者の車離れで自動車保険の収支が悪化していることが背景にあります。
任意自動車保険の契約者は原則、1~20の等級のいずれかが割り当てられ、等級に応じて保険料が割引されます。
初めて契約するときは6等級から始まり、1年間無事故なら1等級上がります。
反対に事故を起こした場合は1件につき3等級下がります。
等級が上がるほど、割引率が高くなって保険料が安くなる仕組み。
損保各社が加盟する「損害保険料率算出機構」がこうした等級制度の見直しを検討。
現在は、事故を起こすと翌年に支払う保険料は5~10%程度高くなるが、見直し後は値上げ幅を2倍程度に引き上げる方針で、2011年7月末をめどに制度の詳細を詰めるそうです。
金融庁に届け出たうえで、損保各社が来年以降、新制度を採用する見通しです。


楽天スーパーポイント1100ポイント!自動車保険一括見積もり
自動車保険は【保険市場】
高齢者や若者の保険が高くなる前に比較して考えよう


親と子の悩みに
ボーナスが増えるおまじない
運気アップ おまじない(金運)

相談お待ちしています
占い師 宮里砂智子

|

« 育児休業を取る人が減っている | トップページ | スピード婚が破滅に向かってしまう理由 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事