« 事故後の保険料、実質値上げへ 自動車保険制度を見直し | トップページ | 趣味 リボン試し編み »

2011/07/19

スピード婚が破滅に向かってしまう理由

Uwaki01 スピード婚が破滅に向かってしまう理由

俳優の高嶋政伸(44)が妻でモデルの美元(みをん)(32)と離婚裁判中であることを明らかにしました。
理由は「お互いの性格の不一致、考え方(生活感、仕事観)の相違」と説明しています。

2人は“スピード婚カップル”として有名。
2008年3月に高嶋が交際を申し込み、わずか「6日」でプロポーズ。
2008年9月に結婚しています。
世の中にはこうした“勢い”で結婚するカップルがいますが、結末は必ずしも幸せでないようです。
スピード婚カップルは普通の夫婦より離婚率が2、3倍高いと言われています。
相手を味覚や触覚などの五感で熟知せずに結婚すると性格の不一致が生まれます。
食事のとき夫が醤油をドバッとかけるのを妻が嫌がったり、夫が“うちの母さんの味噌汁は白味噌だ”と妻の味噌選びを批判して心が離れてしまうことがあります。
本当は交際を始めて2~4年での結婚がベスト。
最低でも1年は付き合わないと相性の良しあしは分からない人が多いようです。
セックスもしかり。
3回ぐらいでは体の相性は分かりません。
夫や妻の性癖を告白しないまま結婚し、いざセックスになった時に拒まれたり拒否されたりして愛想を尽かされるケースもあります。
よく聞くのが結婚前に○○したくない、という相手の意見に同意し結婚するパターンです。
結婚すれば浮気が治るだろうとかDVが止まるだろうといった考えはあまり変わらないもの。
結婚したものの上手く行かなくなってしまい、どうしたらいいか、という相談も多いんです。

結婚相手は慎重に選びましょう


恋愛の悩みに

相談お待ちしています
占い師 宮里砂智子

|

« 事故後の保険料、実質値上げへ 自動車保険制度を見直し | トップページ | 趣味 リボン試し編み »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

占い」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事