« 映画 塔の上のラプンツェルに登場する空に舞う灯り | トップページ | 月に関する本 いろいろ »

2011/07/14

アメリカで最も「高収入」な職業と最も「低収入」な職業

アメリカで最も「高収入」な職業と最も「低収入」な職業

CBS Money Watchで、アメリカで最も高収入な職業と最も低収入な職業が発表されました。

【最も高収入な職業】
1、外科医 1820万円
2、麻酔科医 1777万円
3、口腔外科医 1729万円
4、産婦人科医 1698万円
5、矯正歯科医 1617万円
6、内科医 1530万円
7、他の医師 1460万円
8、かかりつけ医 1404万円
9、最高経営責任者(CEO) 1399万円
10、精神科医 1353万円
11、小児科医 1338万円
12、歯科医(専門) 1309万円
13、歯科医(一般) 1282万円
14、足病医 1077万円
15、弁護士 1045万円


1位から13位まで全部医療関係者が占めています。
もちろん、高収入な職業に就くのは難しいと言われています。
それだけ勉強も必要となってくるわけですが、その学費もかかります。
アメリカの平均収入は年間約360万円(1ドル80円で換算)だとすると、平均の5倍以上、少なくとも3倍以上は稼いでるわけです。

【最も低収入な職業】
1、ファーストフードの調理 149万円
2、食事の準備と配膳 150万円
3、食器洗い 151万円
4、シャンプーアー 154万円
5、カフェやコーヒーショップのカウンター 155万円
6、バーテンダーのヘルプ 156万円
7、レストランのホステス 158万円
8、娯楽、レクリエーションのアテンダント 159万円
9、レジ 160万円
10、アッシャー(案内係)、切符きり 163万円


最も低収入な職業の年間収入は最も高収入な職業の月収入にあたりますね。
アメリカにはチップ制度がありますが、お客様によって支払われるチップによってこの最も低収入な職業の人々の稼ぎは多少変わってくるようです。

こうして見てみると、教育が受けられる環境にいるかいないかで随分と違った将来になりそう。
アルバイトやパートとしてならともかく、このような低収入な職業が自分の生計と立てていくための職業ならば、かなり厳しいですね。

資格取得、スキルアップ
転職で給与アップ


相談お待ちしています
占い師 宮里砂智子

|

« 映画 塔の上のラプンツェルに登場する空に舞う灯り | トップページ | 月に関する本 いろいろ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事