« 本気で自殺したいと思った 20代が高い割合 | トップページ | 友情を維持する方法 »

2012/05/02

犯罪占星術コラム 八王子バスジャック未遂事件 ストレスが事件に向かう

Jyukensei01_2 犯罪占星術コラム 八王子バスジャック未遂事件 ストレスが事件に向かう

八王子のバスジャックが起きたのは4月22日
4月22日午後3時15分ごろ、東京都八王子市千人町2丁目のJR西八王子駅北口のバス停付近で、西東京バスの男性運転手(37)が乗客の男に刃物で左胸を刺された。
西東京バスによると、運転手は病院に運ばれ、1~2週間のけが。
男は現場から逃げており、警視庁が行方を追っている。  警視庁や東京消防庁によると、運転手が終点だった同駅に到着後、乗客のひとりだった男が突然暴れだし、料金を払わずに下車した。このため運転手がバスを降りて追いかけたところ、男に胸を刺されたとみられるという。

男は八王子市立中学の男子生徒(当時14歳)と判明。
逃走する際に車内に落としたスポーツバッグと携帯電話や銀行通帳から犯人が判明した。

証言が二転三転・・・
当初は部活へ行った時に部員にからかわれたから、と言っていた。
「部活動で登校したとき友だちにばかにされ、見返してやろうとバスに立てこもろうと思った」
だがこの日は部活動には行っていないことがわかっている。

犯行に使った果物ナイフは1時間ほど前に近くのコンビニで購入したものだった。
犯行前に部活動の顧問にも電話をしている。
部活動をやめるかどうか、という相談をしている。
バスジャックをもし起こしたら止めるか?との問いに
顧問はもちろん止めると言った。
家にいるのか?と顧問は聞いたが
バスジャックを起こしたら電話をする、と中学生が言い
電話は切られている。

友人数人と犯行を起こせばすごいだろうね、とも話している。

バスに乗り込み、前にいた高齢者の支払いがもたついていたために怒りだして刺したとされる。
犯行はもみ合いになったために諦めて逃走。

「部活動中に仲間にばかにされた。バスジャックをして、学校の友人たちを見返したかった」

犯行2ヶ月前に買った小説
 スピン
 【送料無料】スピン
1月1日からバイトをクビになった水戸市の大学生・奥野修一は、むしゃくしゃした気分を抱えたまま入ったコンビニで、つい万引きをしてしまう。
運悪く現場を店員に目撃された修一だが、目についた路線バスに飛び乗り、なんとか難を逃れた――はずだった。
そう、ちゃちな刃物をふりかざした少年が「このバスは東京タワーに向かう! 従わなければ死ぬことになるからな!」と叫ぶまでは。
さらにラジオからは、関東各都市でバスが乗っ取られたというニュースが次々と流れはじめる……人質となった乗客たちを載せた6台のバスは東京タワーまでたどり着けるのか?
 そして少年たちによる同時多発バスジャックの背後に隠された驚愕の“意図”とは?

バスジャックを起こした犯人たちはネットで知りあった誰もが問題を抱えている少年たちである。

中学入学後、他の生徒から消しゴムを投げつけられたり「先輩に敬語を使え」と言われたりして不満がたまっていた、と説明。
犯行前日に所属する運動部の大会の応援に行った際、一部部員と口論となったことで事件を思い立ったといい、「バスジャックをやれば報道陣や警察が集まる。
みんなが注目する中でからかった生徒らを呼びつけ、土下座をさせて謝らせ、殴りたかった」と話しているという。
事件直前、部活動の顧問に電話で計画をほのめかした点については
「からかわれていることを相談したのに、ちゃんとやってくれない。
先生が慌てたら楽しいと思った」と話しているという。
聴取を担当する捜査員に「(事件を)またやりたい」と話すこともあるという。
「事件の後は3カ月ぐらい逃走するつもりだった」

犯行当初のホロスコープをみると
12室に火星があり、不満やストレスを抱えていることがわかる。
しかも深く深く隠された場所に。
そうした不満やストレスを発散させることができずに犯行に及んだことが推測される。
自分の居場所を示す4室に冥王星があり、自分の居場所がない、深く悩んでいることがわかる。
それをアピールするために他人を巻き込んで事件を起こしたかったのかもしれない。(8室太陽・木星・月)

悩み相談 占い 開運アドバイス
占い師 宮里砂智子

|

« 本気で自殺したいと思った 20代が高い割合 | トップページ | 友情を維持する方法 »

占い」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

犯罪占星術」カテゴリの記事