« 運気の変わり目 8月の運勢 | トップページ | 運気の変わり目 蟹座の新月 7月19日 »

2012/07/18

秋葉原無差別殺傷事件、加藤智大被告が手記出版

秋葉原無差別殺傷事件、加藤智大被告が手記出版

2008年6月に起きた東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人などの罪に問われ、一審・東京地裁で死刑判決を受けて控訴中の元派遣社員・加藤智大(ともひろ)被告(29)が、事件までの経緯や遺族らへの謝罪をつづった手記「解(かい)」(批評社)を出版。
「改めて全てを説明したい。似たような事件を未然に防ぐことになると信じている」などと書いています。
控訴審は先月、東京高裁で始まったが、被告本人は出廷しないまま結審。
2012年9月12日に判決が言い渡される予定。
手記で加藤智大被告は、派遣で働いていた当時、社会と接点を保ち、孤立感を埋めるために使っていたネット掲示板に自分の「なりすまし」が現れたことで「存在が殺された」と感じたと記述。
なりすました人に罪悪感などを与えるため、事件を起こしたと説明した。

 【送料無料】解 [ 加藤智大 ]
楽天ブックス

解 加藤智大
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】

なりすましとは自分と同じハンドルを使い、あたかも同一人物のように振る舞うこと。
ハンドルだけで区別をつけることができなかったため、掲示板を見ている・書き込むユーザーを混乱させる。
またユーザーを思い通りに扇動したりする。
最近は区別をつける仕組みもでき、なりすましはできにくいが、それでも自由に書き込める掲示板ではなりすましをしている人も大勢いる。

なりすましや荒らしは幸せになれない

インターネットの迷惑行為に悩むあなたへ
ブログやホームページ、掲示板を荒らされた
誹謗中傷のコメントを書き込まれた
チャットで悪口を言われた など悩んでいるなら相談を

2015年2月1日
加藤智大被告 上告を棄却
死刑確定

2015年2月18日
加藤智大被告の死刑確定=秋葉原無差別殺傷
東京・秋葉原で2008年、無差別に7人を殺害し10人を負傷させたとして殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(32)について、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は17日付で、死刑判決に対する被告側の訂正申し立てを棄却する決定をした。
死刑が確定した。時事通信より

相談お待ちしています

占い師 宮里砂智子

 

|

« 運気の変わり目 8月の運勢 | トップページ | 運気の変わり目 蟹座の新月 7月19日 »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事