« 飲みにくいと聞いて | トップページ | 趣味 夏らしく 帽子とかごバッグのチャーム »

2013/07/24

犯罪占星術コラム 山口・周南 連続殺人放火事件



犯罪占星術コラム 山口・周南 連続殺人放火事件

最初の事件が発生したのは

2013年7月21日 午後9時頃
山口県周南市金峰(みたけ)で発生した放火事件から。
抵抗の後がなかったことから
就寝時に殺人をしたものと思われている。
計5人の殺人事件が限界集落で起こり
容疑者の63歳の男性が逃走をしている。
容疑者はここを離れ川崎に住み
仕事をしていたが事情があり戻ってきた。
両親を介護し、看取った後から
近所付き合いがなく、犬を飼い始めた。
近所の人とトラブルになった、と県警に相談している。

現代の八つ墓村事件とも呼ばれているが
八つ墓村は一人ですべて殺人をしているわけではないので・・・

八つ墓村 角川文庫 改版 / 横溝正史 【文庫】

さて犯罪占星術でこの事件の真相に迫ってみたいと思う。

人と争いやすい・衝動的・喧嘩や口論の末に
殺害したのでは、と思われる。
(火星 蟹座 4室)
また火星は蟹座にあるので
長期間抱いてきた怒りが爆発した可能性も。

原因は孤立?
プライドが高く干渉されることを嫌っていた。
喜怒哀楽の感情がはっきりしているが
秘密主義でもあった。
(月と冥王星が0度 11室)

しばらく土地を離れていて
戻ってきている。
戻ってきてからの生活になじめなかったことも。
(月と天王星が90度)

周囲の住民のことを詮索していた可能性。
(水星と冥王星が180度)

県警察に悪口を言われ孤立している、と相談したこともあった。
(ニュースより)

事件の真相の解明を願う。

保見光成被告に死刑判決 山口・周南の5人殺害
山口県周南市で2013年7月、5人を殺し、住宅2軒に火をつけたとして、殺人と非現住建造物等放火の罪に問われた同市金峰(みたけ)、無職保見光成(ほみこうせい)被告(65)の裁判員裁判の判決が2015年7月28日、山口地裁であった。
大寄淳裁判長は求刑通り、死刑を言い渡した。
起訴状によると、保見被告は2013年7月21日午後6時半~翌22日午前6時ごろ、同じ集落に住む71~80歳の男女5人を手製の木の棒で殴って殺し、住宅2軒に火を放ったとされる。
保見被告は公判で起訴内容を全面的に否認し、無罪を主張した。
検察側は被害者とトラブルを抱えていたとして殺人と放火の犯人は被告としたが、弁護側は決定的な証拠がないとしていずれも無罪を訴えた。
一方、検察側は被告に妄想を抱える「妄想性障害」があることを認めたが、責任能力はあったと主張。
弁護側は障害の影響は重大で、責任能力が失われた「心神喪失」か、著しく低下した「心神耗弱」の状態だったと訴えた。

犯罪占星術コラム アーカイブ

 

悩み相談 占い 開運アドバイス
占い師 宮里砂智子

« 飲みにくいと聞いて | トップページ | 趣味 夏らしく 帽子とかごバッグのチャーム »

犯罪占星術」カテゴリの記事