« 占いコラム 伸びる経営者 いつまでも貧乏な経営者 | トップページ | ムーンボイドタイムがわかる手帳 2014 »

2013/10/10

犯罪占星術コラム 東京三鷹 女子高生ストーカー殺人事件



犯罪占星術コラム 東京三鷹 女子高生ストーカー殺人事件

2013年10月8日午後4時55分ごろ、東京都三鷹市井の頭1丁目の路上で、「女の人が刺されている」 と110番通報。
三鷹署員が駆けつけると、近くの私立高3年の鈴木沙彩(さあや)さん (18)が、首から血を流して倒れていた。
鈴木さんは首を刺され、約2時間後に搬送先の病院で死亡。
警視庁は10月8日夜、池永チャールストーマス(21才男)を殺人未遂容疑で緊急逮捕。

捜査1課によると、鈴木さんが倒れていたのは自宅前の路上。
制服姿で、自宅の庭先にも 血痕があった。
約600メートル西の三鷹市牟礼3丁目の路上で10月8日午後6時半ごろ、血が付いた ズボン姿の男を署員が発見。
職務質問したところ、池永チャールストーマスは「私がやりました」と答えたという。

凶器は見つかっていない。
現場は京王井の頭線の三鷹台駅の南東約200メートルの住宅街。
近所の知人男性によると、 鈴木さんはつきまといに遭い、母親らが警察に相談していた。

二人はfacebookで連絡を取り合い、交際をしていたが
迷惑なメールやメッセージが鈴木さんにあったので連絡を拒否。
2013年6月頃から池永容疑者は殺意を抱き始めたと供述。
大阪のマンションで一人暮らし アルバイトをしていた。

池永容疑者は学歴を偽り
アルバイトなのに関西の大学生だと言っていた。
(アルバイトは突然来なくなり解雇扱いになっている)
また自分の意見を押し付けるところがあるなど
サイコパスの特徴が見られる。
真実を受け入れられない人たち 社会に潜むサイコパス
人間関係の距離感がない人たち

幼少時に虐待を受けている
(公判 弁護人の話)

事件当時のホロスコープを見てみると
恋愛絡みの殺人であることがうかがえる。
(火星が5室)
また火星は金星・月と90度、海王星と180度。
思い通りにいかないことから殺害している。

また太陽・天王星・冥王星のT字スクエア(1-7-10室)は
事件の解決を難しくさせた結果を暗示。

2012年11月6日に起きた
逗子ストーカー殺人事件を検証してみると
やはり金星・天王星・冥王星、1-7-10室でT字スクエア。
(事件発覚の時間から事件が起きたと思われる時間に少し遡る)
この事件がきっかけでストーカー対策法が改正されている。

東京三鷹ストーカー殺人事件と
逗子ストーカー殺人事件に共通することは
容疑者・犯人が自殺をしたあるいは未遂をしている事。
MCに近い冥王星が
異常事態を起こした事で社会的に知られてしまうところとなった。
違った年・日時に事件が起きているにも関わらず
偶然の一致がある。

判決 東京地裁立川支部(林正彦裁判長)は2014年8月1日、懲役22年(求刑・無期懲役)を言い渡した。

2013年、東京・三鷹市で女子高校生が殺害された事件のやり直しの裁判員裁判で、殺人などの罪に問われ、リベンジポルノと呼ばれる行為で追起訴された23歳の男に対し、検察は「被害者を徹底的におとしめ、高い計画性のもとに殺害した凶悪な犯行だ」として懲役25年を求刑しました。 平成25年10月、東京・三鷹市で高校3年生の女子生徒が殺害された事件では、交際相手だった池永チャールストーマス被告(23)が殺人などの罪に問われ、おととしの1審の判決のあと、女子生徒の画像をインターネット上に流したリベンジポルノと呼ばれる行為で追起訴されて、やり直しの裁判員裁判が開かれています。
2016年3月10日、東京地方裁判所立川支部で開かれた裁判で、検察は「事前に殺害の方法を考えるなど高い計画性がある。何の落ち度もない少女の命を奪った残忍で凶悪な犯行だ」と指摘しました。
そして、リベンジポルノと呼ばれる行為については、「被害者を徹底的におとしめることが目的で極めて悪質だ」として、懲役25年を求刑しました。
前回の1審の裁判で、検察は無期懲役を求刑しましたが、当時の判決が懲役22年だったことを踏まえ、今回は、それを上回る懲役25年を求刑しました。
一方、弁護側は、検察が前回、起訴しなかったリベンジポルノと呼ばれる行為を追起訴したのは、起訴の権限の乱用だとして無効とするよう求めています。
判決は2016年3月15日 懲役22年。

三鷹ストーカー殺人 2審も懲役22年の判決 1月24日
2013年、東京・三鷹市で女子高校生が殺害された事件で、元交際相手の男が、殺人の罪やリベンジポルノと呼ばれる行為をした罪などに問われた裁判で、東京高等裁判所は、1審に続いて懲役22年の判決を言い渡しました。
平成25年、東京・三鷹市で高校3年の女子生徒が殺害され、元交際相手の池永チャールストーマス被告(24)が、3年前に開かれた裁判員裁判で懲役22年の判決を言い渡されました。
この時は、被害者の画像を流出させたリベンジポルノの行為は罪に問われませんでしたが、2審で審理のやり直しを命じられたあと追起訴され、再び開かれた裁判員裁判で改めて懲役22年の判決を言い渡されました。
これに対して双方が控訴し、検察が「刑が軽すぎる」と主張した一方、被告側は「リベンジポルノの行為をあとから罪に問うのは違法だ」と主張していました。
2017年1月24日の判決で、東京高等裁判所の秋吉淳一郎裁判長は「あとから追起訴されたことなど、今回の特殊な経過に照らして検討しても、検察官の裁量を逸脱したとはいえない」として、追起訴は違法ではないと指摘しました。
そのうえで「殺害行為の執ようさや残忍さ、高い計画性などを十分に考慮した1審の判断に誤りはない」などとして、双方の控訴を退け、懲役22年を言い渡しました。
殺害された女子生徒の両親は、判決についてコメントを出し、「裁判所が追起訴は違法ではないと判断したのは当然のこととはいえ、評価します」と述べました。
一方、刑の重さが最初の裁判員裁判から変わらなかったことについては、「リベンジポルノの罪が追加されたのに、残念で悔しいです。
娘の受けた苦しみと私たちが受け続けている苦しみを考慮する判決が欲しかったと思います」としています。

三鷹ストーカー殺人、懲役22年が確定
東京都三鷹市で高校3年の女子生徒(当時18歳)が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた元交際相手の池永チャールストーマス被告(24)に、懲役22年を言い渡した東京高裁判決が2017年2月8日、確定した。共同通信によると、被告、検察側のどちらも期限までに上告しなかった。
この事件では、池永被告が別れた腹いせに、交際中に撮影した生徒のプライベートな画像などをインターネット上に公開。「リベンジポルノ」行為が問題となり、世間に広く知られるきっかけとなった。裁判では、リベンジポルノの認定や処罰をめぐり、審理が差し戻される変遷があった。

ストーカーにあったら・・・
警察に被害届を出し
生活安全課から警告や注意、文書での警告
さらに捜査・検挙も。
おかしいと思ったら被害届を出しましょう。

NPO ヒューマニティ ストーカー相談


不安を安心に・・・見守りでバックアップ

真実を受け入れられない人たち 社会に潜むサイコパス
インターネットに潜む危険 人間関係の距離感がない人たち
荒らしをすればするほど自分を傷つける・不幸になる

悩み相談 占い 開運アドバイス
占い師 宮里砂智子

サイバーストーカー 大阪 なかむら歯科クリニック 中村淳一

|

« 占いコラム 伸びる経営者 いつまでも貧乏な経営者 | トップページ | ムーンボイドタイムがわかる手帳 2014 »

占い」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

犯罪占星術」カテゴリの記事