« FortuneCafeRadio20160429 水星の逆行とムーンボイドタイム | トップページ | 今週の運勢 4月30日-5月6日 »

2016/04/29

占いコラム 水星逆行の影響

占いコラム 水星逆行の影響
水星の逆行期間はアクシデントが起こりやすくなります。

公共交通(電車 バス)の他、様々な乗り物には
運転など充分注意してください。
今回の水星逆行ではすでに事故が起きています。

新東名 トンネル内で多重事故 通行止め続く 静岡
2016年4月29日午前10時ごろ、静岡県掛川市の新東名高速道路のトンネル内で複数の車が関係する事故が起き、一時、火災が発生しましたが、けが人はいませんでした。新東名高速道路は、森掛川インターチェンジと島田金谷インターチェンジの間の上り線が通行止めになっています。 29日午前10時ごろ、静岡県掛川市の新東名高速道路・上り線の平島トンネル内で複数の車が関係する事故が起きました。 警察によりますと、このうち2台の車から火が出ましたが、消防が消火活動に当たり、火はおよそ40分後に消し止められました。けが人はいませんでした。 警察で事故の原因を調べています。 この事故の影響で、新東名高速道路は、森掛川インターチェンジと島田金谷インターチェンジの間の上り線が通行止めになっています。 現場付近には東名高速道路が並行して走っています。日本道路交通情報センターによりますと、事故の影響で午前11時半現在、現場付近の上り線でおよそ4キロの渋滞が起きています。

東海北陸道で車4台絡む事故 1人死亡3人重軽傷
2016年4月30日夜、岐阜県高山市の東海北陸自動車道で、乗用車など4台が関係する事故があり、男性1人が死亡したほか、3人が重軽傷を負いました。
4月30日、午後10時40分ごろ、高山市の東海北陸自動車道の荘川インターチェンジと松ノ木峠パーキングエリアの間で、上り線を走っていた乗用車と下り線を走っていたライトバンが正面衝突し、双方の後続の乗用車を含めて合わせて4台が関係する事故が起きました。
この事故で、ライトバンと衝突した乗用車を運転していた高山市の自営業、三島繁さん(60歳)が全身を強く打って、およそ2時間後に死亡しました。 また、ライトバンを運転していた静岡県浜松市の20歳の男性が骨折して重傷となっているほか、それぞれ別の乗用車に乗っていた46歳と26歳の男性2人も首などに軽いけがをしました。
現場は片側1車線の対面通行の区間で、警察が事故の詳しい原因を捜査しています。
この事故の影響で、東海北陸自動車道は荘川インターチェンジと飛騨清見インターチェンジの間の上下線が、およそ5時間にわたって通行止めになりました。

北関東や北海道などでは雪が降るなど荒れた天気に。
登山では遭難や事故も起きました。
大分などでは地震がありました。(由布で震度5強)

また変電所が停電し、通勤通学の電車に大きな影響が出ました。
JR変電所トラブルで一時運転見合わせ 24万人に影響
2016年5月12日午前、川崎市にあるJRの変電所で起きたトラブルの影響で、南武線、東海道線、それに京浜東北線が最大で1時間ほど全線で運転を見合わせました。
JRによりますと、通勤客などおよそ24万人に影響が出たということです。
2016年5月12日午前8時すぎ、川崎市にあるJRの変電所で起きた停電のトラブルのため、南武線が立川・川崎間の全線で、東海道線が東京・熱海間の全線で、京浜東北線も大宮・大船間の全線で運転を見合わせました。
JRは振り替え輸送を行って対応し、南武線、東海道線、京浜東北線の各線は、45分から1時間後にいずれも運転を再開しました。
また、鶴見線も停電直後のおよそ15分間、全線で運転を見合わせたということです。
JR東日本横浜支社によりますと、通勤客などおよそ24万人に影響が出たということです。 同じ変電所では白い煙が出ているという通報が午前8時40分すぎにあったということで、警察と消防が調べたところ変電所の電気設備の一部が焼けているのが見つかりました。JRが詳しい原因を調べています。

東武東上線が脱線、急停車 乗客にけが人なし
2016年5月18日午後0時16分ごろ、東京都板橋区の東武東上線の中板橋―大山駅間で、成増発池袋行き上り普通電車(10両編成)が脱線した。
東武鉄道が詳しい原因を調べている。
同社によると、乗客にけが人はいないという。
電車は6両目の後方が右側に脱線し、急停車した。
乗客は事故現場で線路に降ろしたという。
この事故の影響で、同線は午後1時15分現在、池袋―和光市駅間で運転を見合わせている。
現場近くの金融機関で働く女性職員は「ドン、という大きな音と地震のような揺れを感じた」と話した。
脱線した列車から土煙のようなものが上がり、踏切内に踏切の板の一部や敷石が散乱していたという。

京浜東北線は、2016年5月18日午後10時53分ごろに蕨駅で起きた人身事故の影響で上下線で運転を見合わせていたが、19日午前1時23分ごろに運転を再開した。
事故の影響で、高崎線と宇都宮線も上下線の一部区間で運転を見合わせたが、その後運転を再開した。

コミュニケーションのすれ違いなど

ネットで仲良くしていた人が
些細なことがきっかけでブロックされた
ヤフー知恵袋


水星逆行中のGWに彼と旅行中に喧嘩をし
別れた、という相談も・・・。

今回は気持ちの行き違いから事件に発展したケースもありました。
女性アイドル刺傷  逮捕の男「プレゼント送り返され憤慨」
2016年5月21日、東京・小金井市でアイドル活動をしていた女子大学生が刃物で刺されて意識不明の重体になっている事件で、逮捕されたファンの男が調べに対し、「プレゼントをしたのに送り返されて憤慨した」などと供述していることが分かりました。
警視庁は、男が一方的に不満を募らせたとみて調べています。
2016年5月21日午後5時すぎ、東京・小金井市で、私立大学に通いながらアイドル活動をしていた、冨田真由さん(20)が出演する予定だったライブ会場の前で、首などおよそ20か所をナイフで刺され、意識不明の重体になっています。
警視庁は住所不定、職業不詳の自称、岩埼友宏容疑者(27)を傷害の疑いで逮捕し、容疑を殺人未遂などの疑いに切り替えて調べを進めています。
警視庁によりますと、岩埼容疑者は冨田さんのファンだったということで、その後の調べに対し、「以前、プレゼントを渡したが、送り返されて憤慨していた。それを、きのう問い質したが、あいまいな答えだったので、かっとなって刺した」などと、供述しているということです。
警視庁は、岩埼容疑者が一方的に不満を募らせたとみて動機などを調べています。
また、冨田さんは事件の前、自宅近くの武蔵野警察署に「ファンから執ようにツイッターなどに書き込みをされている」と相談していたことから、警視庁は、対応に問題がなかったか調査しています。

水星の逆行とは
水星逆行期間の過ごし方
水星の逆行期間を知る方法

水星逆行から自分を守る方法

悩み相談 占い 開運アドバイス
占い師 宮里砂智子

|

« FortuneCafeRadio20160429 水星の逆行とムーンボイドタイム | トップページ | 今週の運勢 4月30日-5月6日 »

占い」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事