« 今日の運勢 6月15日 壁を乗り越える | トップページ | 今日の運勢 6月16日 シンプルに考える »

2017/06/15

おまじない 雨乞い

おまじない 雨乞い

2017年、梅雨入りの発表がありました。(関西、関東)
ですが梅雨入り宣言があっても雨が少なく、6月15日東北などではまだ梅雨入り宣言が出ていません。
関西より西の地方で平年よりも雨が少なく(少雨)、農業などに影響が出始めています。
桃が大きくならなかったり、水田の水が枯れ始め、ダムの水量も減ってきています。
農作物などにも被害が及び始めています。

古来の昔より、雨が降らなくて困った時には雨乞いをしたそうです。
地方により、雨乞いの方法は様々であったり、神社などにお願いをしたり・・・。

かつて、日本ではあまりにも雨が降らなくて海外から公認の雨乞いの魔女を呼んだこともありました。

魔術では 雨乞いの方法もありますので、困った時には雨を降らせてみてはいかがでしょうか。
雨乞いのおまじない


4月以降少雨続く 梅雨入りも当面雨少ないか
2017年6月15日
東日本の太平洋側と西日本では、ことし4月以降、雨の量が少なく、平年の半分以下にとどまっているところがあります。
先週、気象庁が「梅雨入りしたと見られる」と発表しましたが、この先1週間程度も雨の少ない状態が続くと予想され、気象庁は、農作物の管理などに注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、東日本の太平洋側と西日本では、4月下旬以降、高気圧に覆われて晴れる日が多く、雨の少ない状態が続いています。
4月21日から6月13日までの降水量は、東京の都心で96.5ミリ、和歌山市で97.5ミリ、山口県下関市で106.0ミリ、名古屋市で107.5ミリ、静岡市で108.5ミリなどと、平年の3割から4割程度にとどまっています。
これらの地域では、先週の6月6日から7日にかけて気象庁が「梅雨入りしたと見られる」と発表して以降もまとまった雨は降っておらず、この先1週間程度も梅雨前線が日本の南に停滞し北上しない見込みで、雨の少ない状態が続くと予想されています。
気象庁は、「少雨に関する全般気象情報」を出して、農作物の管理などに注意するよう呼びかけています。
一方、まだ梅雨入りが発表されていない北陸と東北については、平年では14日までに梅雨入りしていますが、今のところ見通しは立っていないということです。(ニュースソース NHK)



悩み相談 占い 開運アドバイス
占い師 宮里砂智子

雨を降らせる 雨乞い 空梅雨 雨が降らない

|

« 今日の運勢 6月15日 壁を乗り越える | トップページ | 今日の運勢 6月16日 シンプルに考える »

おまじない・魔術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事