« 犯罪占星術コラム 拳銃持って逃走 連休最終日の鉄道博物館に | トップページ | 運気の変わり目 1月18日 水星が順行へ »

2023/01/17

犯罪占星術コラム 福岡 博多 女性 刺殺事件

Img_20190707_095725

犯罪占星術コラム 福岡 博多 女性 刺殺事件

2023年1月16日午後6時15分ごろ
福岡市博多区のJR博多駅近くの路上で
「女性が刺された」「男に棒のようなものでたたかれた。意識がない」
などという110番通報が相次ぎました。
現場は、福岡市のJR博多駅の「博多口」側にある
大博通りと呼ばれる道路に面したホテルやオフィスビルが建ち並ぶ場所。

警察や消防が駆けつけたところ
女性は刃物で刺されて、あおむけに倒れていて
市内の病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認。
十数箇所を刺された失血死。
搬送されたのは
福岡県那珂川市の会社員 川野美樹さん(38)。
両親、娘との4人暮らし。
博多駅前の人材派遣会社で働いていたが
那珂川市内でエステサロンを経営していたこともあった。

容疑者の元交際男性は
飲食店従業員 寺内進 (31)。
大阪出身。
大阪から数年前に博多へ。
飲食店では職場恋愛は禁止されていた。

黒っぽい服装
かばんを持ち、包丁のようなものを所持。

男は女性を複数回にわたって刺したとみられ
女性が倒れたあとも上に乗って
身動きが取れないよう押さえ込み
刺していた。

女性を刺した男は現場から博多駅方面に逃走。
現場はセブンイレブン博多駅前朝日ビル店から近い場所。

川野美樹さんは福岡県警に
男女間のトラブルについて相談していた。
同じ系列の飲食店に働き
職場で知り合った寺内進容疑者と
2022年11月までの半年間交際。
別れたのに携帯電話の通話に出ないと
職場に何度も電話があったり
職場に押しかけたり
待ち伏せされていたこともあった。
(自分としては別れていない
怒ったら許さんぞ などといった
メールが何度もあった)
2022年10月21日 警察へ相談。
(火星逆行開始前)
男は2022年11月 警察から ストーカー規制法
つきまとい 接近を禁じられていた。
川野さんは2022年12月 
トラブルが解消したとして
警察へ緊急通報装置を返却。
その後 相談はなかった。

ストーカー行為に悩むあなたへ
ストーカー規制法 とは


容疑者は
事件を起こした後
ネットカフェに偽名を使い宿泊。
中洲の繁華街で
見当たり捜査官に
フードを被り 伊達眼鏡をし
マスクをつけていたところを
任意同行されている。

別れ話は満月以降
特に下弦の月から新月の前までに
公共の目のある場所
(人の多い喫茶店やファミリーレストランなど)で
友人を伴い 黒い服を着て
冷静に話すのがよいと言われています。

新月後-満月などの期間
水星や金星の逆行期間は
こじれやすいので注意を。

ホロスコープは事件が起きた日時場所で作成

サビアンシンボル 獅子座6度
時代遅れの女と最先端の少女

思春期に 私はこのファッションが似合うと
感激して以来、この女性はヘアスタイルとファッションを
貫いてきました。
一切よそ見もせず、あの頃のイケてる私を維持してきたつもりです。
ところがある日突然若い女の子に
これ、昔の流行りですか?と問いかけられます。
怒りを感じつつ周囲を眺めると
自分と同じ姿の人はひとりもいません。
流行の変化に今気づいたのです。

4-7-10 T字スクエア
結婚と仕事の両立の難しさ。
6室に太陽と冥王星の接近。
女性を支配したい気持ちが強い。

怒りのありか 双子座 火星 11室
贅沢 女性に貢いでいた可能性。

事件を起こした気持ち
月180度天王星 ノード
結婚を断られた、女性関係のもつれ。

容疑者 寺内進(31)は
復縁を求めたが 叶わなかったので刺した
と供述。

女性に貢ぎ、交際や関係、結婚などを断られ
逆上して起こした可能性。



事件の解決を願って。

2023年1月18日
博多区内で一人で歩いていた 容疑者 寺内進を任意同行、逮捕。
この日はくしくも川野美樹さんの39才の誕生日でした。
誕生日が命日になりやすい理由

| |

« 犯罪占星術コラム 拳銃持って逃走 連休最終日の鉄道博物館に | トップページ | 運気の変わり目 1月18日 水星が順行へ »

犯罪占星術」カテゴリの記事